2002年式のメキシコ製ビートルを大切に乗る

  • 2010年10月2日納車/2017年1月30日売却
  • メキシコビートル歴:日乗りました
  • TOP
  • やったこと
  • スバルサンバーの純正オーディオを取り付け

スバルサンバーの純正オーディオを取り付け

2011年5月30日

中途半端に車内の雰囲気にマッチしないオーディオを撤去し、新しいオーディオを取り付けるよ。
ビートルの車内に合うオーディオはどんなものが合うのか?色々迷いました。


純正オーディオの比較 候補としては2つ合って、1つは三菱のeKワゴン(2011年式)の純正オーディオ。コレはブラックで統一されていてビートルの黒いダッシュボードとなじむ気がします。
2つ目はスバルのサンバー(2011年式)の純正オーディオ。こちらはボタンなどのデザインにエッジが効いててVW純正っぽい感じがします。
どちらもYahoo!オークションで2,000円~3,000円辺りが相場のようです。
で、悩んだ結果とオークションの出品タイミングでスバルをチョイスしました。
送料込みで3,500円で落札♪

スバル純正オーディオでは色違いでいくつかの種類があります。
時計表示の有無やアンテナコネクタ形状など参考にしてみてください。

  CD再生 AM/FM 時計表示 アンテナコネクタ形状
× 棒のようなタイプ
コレにボルトオンOK
棒のようなタイプ
コレにボルトオンOK
棒のようなタイプ
コレにボルトオンOK
× 角型カプラ
変換が必要

次に用意するものはオーディオを固定するためのフレーム等の取り付け金具。
日東工業 NKK-T40D マツダ車(1D)汎用
前回付いていたものがコレだったので、心機一転という感じで新調しました。
こちらは送料込みで2,700円くらいだったかな?(楽天ポイントを使用)


フレームとネジ位置の確認 このスバルの純正オーディオと日東工業 NKK-T40Dは互換性はありません。
つまり、デッキとフレームを固定する金具がスバルの穴に対応していません。
自作するしかないということです。(´・ω・`)


1. アルミ板を削って金具を作成 ホームセンターで売っている厚さ1mmのアルミをこんな感じで加工しました。
0.5mmもありましたが、強度を考えて1mm辺りがベストかな。
お値段230円なり。


2. オーディオ取り付けに必要なパーツ一覧 コレがオーディオに必要なパーツ一式達。このアルミパーツを考案するのに時間がかかったよ。
・日東工業 NKK-T40Dのフレームと枠(ブラック)
・自作アルミ金具


3. オーディオ撤去 オーディオの撤去をまず行う。ビートルのオーディオ取り外しはボンネットを開けて、ダッシュボード裏側からネジを外していけばOKかと思います。


4. オーディオフレーム取り付け オーディオのフレームを取り付けた。あくまで日東工業 NKK-T40Dは汎用品なので、ビートルに取り付けようとするときはNKK-T40Dの角を削って入れるとスムーズに入るよ。
それでも相当入れるの硬いです。まぁ硬いってことは走行中にぐらつくなんてことは無いと思います。


5. 取り付け金具の設置 フレームにオーディオ本体を入れて、サイドに取付金具を設置します。この金具が(1)で作成したものです。
ダッシュ裏側もネジで閉めることによって、フレームとオーディオ本体が固定されます。


6. オーディオ取り付け完了 最後に枠(ブラック)を設置して、終了。ココだけは、スバル純正のサイズと一致しました。 (・∀・)
この枠とフレームとオーディオの位置が狂うとはみ出したように見えるので、最初のアルミの取付金具のネジ位置をよく確かめて作ったよ。


全体からの眺め 引いてもう一枚。ビートルの内装に対してあまり現代的過ぎるオーディオよりも、コレくらいの主張しすぎないタイプのほうが良いですね。
オーディオの取り換えは大成功です。
いや、まだ、配線が残っているんですよ。次回はオーディオ交換(配線)へ続く。