2002年式のメキシコ製ビートルを大切に乗る

  • 2010年10月2日納車/2017年1月30日売却
  • メキシコビートル歴:日乗りました
  • TOP
  • やったこと
  • VW純正バンパーボルト塗装(メッキ→ブラック)

VW純正バンパーボルト塗装(メッキ→ブラック)

2011年4月18日

購入時のリアバンパーボルト メキシコビートルの純正バンパーボルトは本来のメッキ処理とは違い黒染め処理がされています。
購入段階(引渡し段階)で、リアバンパーのボルトが代替としてホームセンターで売っている通常のボルトが装着されていました。('A`)

↑コレは自分のポリシーに反しますので早速純正っぽくします。


1.VW純正バンパーボルト まず、VW純正のバンパーボルトを入手。当然メキシコ製の黒染め処理が施されたボルトはなく、メッキ版を購入します。
今回はFLAT4さんではなく、mybowsさんで購入しました。(1個150円) 前後のボルト4箇所を同時に変更する予定なので4個必要ですかね。
※ちなみにこのボルトは角根丸頭ボルトと言うらしいです。


2.ボルトをヤスリで磨いた後 VW純正のボルトの頭と四角の箇所のメッキをヤスリで剥がします。自分は紙やすりではなく棒ヤスリでゴリゴリ削りました。 ↑の画像と比べてみるとメッキのツヤツヤからザラザラになっています。


3.ボルトをウレタン塗装した ボルトをウレタン塗装しました。(塗装中の写真なし!)
使用したウレタン塗料はイサム塗料のエアーウレタンです。(2000円くらいと高いですが、耐久性を考慮)
ナットやワシャー類はカーマホームセンター(東海エリアのホームセンター)で黒染め処理されたものを購入。単品で購入でき、各1個あたり10円以下です。イイ(・∀・)


4.バンパーを取り外した バンパーを外します。コレといって難しくはなく、裏側で締まっているナットを外すだけです。
変な後姿です。


5.バンパーを装着した 外したボルトを交換して元通りに組み付ければ完成!塗装をツメで擦ってみましたが、特にはがれる様子もなく、耐久性もありそうです。
メッキを剥がして、表面をザラザラにしたのが効いてます。
※フロントも同様にボルトを変更しました。