2002年式のメキシコ製ビートルを大切に乗る

  • 2010年10月2日納車/2017年1月30日売却
  • メキシコビートル歴:日乗りました
  • TOP
  • やったこと
  • ドレインバルブのリフレッシュ

ドレインバルブのリフレッシュ

2012年2月2日

ビートルのボディには水抜き用の穴があって、それぞれ年式で違うようです。
VWショップのHPにはドレインバルブが1つもしくは2つ必要といった表記がありますが、メキシコビートルは5つも必要でした。(  ̄3 ̄)~♪


ドレインバルブがある場所 ドレインバルブの場所は写真の位置にあるよ。取り外しは手でもぎ取ればOK。
自分のビートルはドレインバルブの隙間に紙?みたいなのが挟まっていたよ。


外したドレインバルブ 外したドレインバルブ、9年間分のごみが付着してベトベトです。
ただ、何か負荷がかかるようなパーツではないのでゴムの亀裂などは5つとも無かったよ。


洗ったドレインバルブ 石鹸で洗ってみた。ベトベトも落ちて写真で見るように新品級な綺麗さを取り戻しました。
洗浄後シリコングリスでコーティング。ホント綺麗です。


ドレインバルブの取り付け ドレインバルブをボディに取り付け。これでまた何年かはもってくれるでしょう。
Flat4さんでは、この水抜き用の穴を塞ぐパーツが用意されているみたいです。


ドレインバルブの取り付け 番外編としてドレインボルトを外したらこんなのが出てきました。 特に穴があいているわけでも無く、VWのロゴも付いてません。謎です。 まぁ不要なものと考えて摘出できたのでよかったのかな?