2002年式のメキシコ製ビートルを大切に乗る

  • 2010年10月2日納車/2017年1月30日売却
  • メキシコビートル歴:日乗りました
  • TOP
  • やったこと
  • 燃料フィルターとホース

燃料フィルターとホースの交換

2013年9月22日

火気厳禁!
燃料フィルターとホースを新しくしました。
作業時間は2時間くらい。途中ガソリンがかかり、風呂に入っていましたw

車体左後ろのフェンダーより奥に燃料フィルターがありますが、このフィルターとホースのつなぎ目からガソリンが漏れていました。 エンジンを始動する前のキーをONにするところで燃料ポンプが作動するんですかね?
ポンプから送られるガソリンの圧力に耐えられずに劣化しているホースから漏れている、そんな感じでした。


燃料フィルター クランプ 燃料ホース

この際なので見える範囲で燃料フィルターとホースを新品にすることに。
今回のパーツの入手先はReadybugさんとヤフオクでした。

■ヤフオクで入手
・燃料フィルター(BOSCH 0 450 905 030 Made in Spain):1,980円
※空冷VWのネットショップではフィルターは約5,000円くらいです。
 特に純正にこだわらなければオークションで入手が安いかと。


■Readybugさんで入手
・インジェクション用燃料ホース(7×3):2m注文
・ホースクランプ(NORMA製 13):6個(3セット)

※送料込の合計で9,000円くらいで見ておいてください。


1. 燃料ホースの配線 まずは燃料ホースの配線はどのようになっているかというと、リアサスペンション付近のシャシーから2本のフューエルパイプ(鉄のやつ)が出ていて、1つは、直接エンジンルームへ、もう一つは燃料フィルターを通してエンジンルームにつながっています。
図を見てもらうとわかると思うけど、基本的に見えている&ホースを入れ替えるだけなのでそんなに難しくはないです。


2. クランプの破壊 リアの車体をジャッキで持ち上げます。自分はタイヤは外しませんでした。
後になって気づいたのですがヒーターのダクト(黒い蛇腹のやつ)を外していればもう少しスペースが空いて作業しやすくなったと思います。
まずはシャシーからフィルターまでつながっているホースを外します。(配線のの箇所)
フィルターはクランプで留めていますが、シャシーから出てくるパイプとは少し変わった形状のクランプで留まっています。構造上再利用できそうもないので、写真ようにニッパーでグリグリやって破壊し取り外します。
※ちなみに、Aのホースを外してもホースに入っている分しかガソリンは垂れてきませんよ。


3. 続いて、のホースも外します。こちらもエンジンルームから出ているパイプとホースは再利用できないクランプで留まっていました。
Aと同様に破壊し取り外します。
※ここもAと同様でBのホースを外しても、ホースに入っている分しかガソリンは垂れてきませんよ。
※いや、厳密にはAとBのガソリンの量はAのホース内のガソリン量+Bのホース内のガソリン量+燃料フィルターにたまっているガソリン量です。


4. 燃料フィルター 燃料フィルタを取り外します。13mmのボルト1つで固定されているだけです。
フィルターの向きは後々取り付ける際に必要なので覚えておきます。


5. ABの新旧 これで1系統分の取り外しが完了。 AとBの新旧それぞれを写真で載せておきます。
ホースの長さは
A:約30cm
B:約40cm
※実際、フィルターの取り付けた角度によって若干ホースの長さに差があると思います。なので参考程度にしていただければと思います。


6. 裂けているホース 取り外したホースをよく見ると2本両端すべてホースの内側が裂けていました。


7. シミュレーションしてみた 新しいホースと燃料フィルターで仮組してみた。
クランプもぴったりでいい感じです。


8. ダミーのホース もう一本の系統も外していきます。(配線のの箇所)
Aと同様に、シャシーから出ているパイプの方から外していきます。
と、ここで問題発生!!!
パイプからホースを抜くとものすごい量のガソリンが出てきました。今までの比ではない!!!
急遽、ホース交換中にガソリンが垂れてこないようにダミーのホースをセットし何とかすべてのホースを取り外すことができました。


9. 外したCのホース 外したCのホース。
ホースの長さは
C:約40cm


10. エンジンルーム側の燃料パイプ この写真は、エンジンルーム側の燃料パイプ。
パイプの形状が違いますね。それぞれ何を意味しているかは不明です。


11. 各種クランプの位置 後は新品のホースで組んでいきます。
ガソリン漏れがないかと点検するときやクランプのゆるみがないかをチェックしたい時ように自分が次回整備しやすい位置にクランプのヘッドが見えるようにセットしました。
全て組んだらエンジン始動。最初はホース&フィルター分ガソリンを補填するのでエンジンはかかりにくいです。


12.その他
外したホースの詳細 外したホースに関して記録しておきます。
ホースに書かれている文字を見る限り、「・・VW・・」て書いてあるので純正なんでしょうかね?
ホースの表裏に2つの文字が書いてありました。
KDK 4/23/01 VRT VW TL 52255 E 7×3
<NBR><CR>


13. 外したクランプ 外したクランプに関して記録しておきます。
文字は読みにくいですが、
ZEBRA 8-12
と書いてありました。